出口(読み)でぐち

精選版 日本国語大辞典「出口」の解説

で‐ぐち【出口】

[1] 〘名〙 (「でくち」とも) 外へ出るために設けられたくち。出るための所。比喩的に、抑圧された感情などを発散させるきっかけをもいう。〔文明本節用集(室町中)〕
※人情本・英対暖語(1838)二「庭の雨戸や椽がはの出戸口を改めに」
※苦の世界(1918‐21)〈宇野浩二〉二「出口をもとめてゐたヒステリイの発作が彼女におこったのであった」
[2] 京都島原の遊郭、江戸吉原の遊郭の出口であった大門口のこと。
※浮世草子・好色一代男(1682)八「出口(デクチ)の門よりはや引懸飲懸、なごりおしさは朱雀の細道すぎて」

でぐち【出口】

姓氏の一つ。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android