コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝精焼く キモセイヤク

デジタル大辞泉の解説

肝精(きもせい)焼・く

世話をやく。骨を折る。
「いはれぬ―・かうより、町所家主を頼んで連れて帰りませう」〈浄・薩摩歌〉

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

きもせいやく【肝精焼く】

世話をする。面倒をみる。 「いはれぬ-・かうより/浄瑠璃・薩摩歌」

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

肝精焼くの関連キーワード浄瑠璃肝精世話

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android