薩摩歌(読み)さつまうた

世界大百科事典 第2版の解説

さつまうた【薩摩歌】

人形浄瑠璃。世話物。3巻。角書〈源五兵衛おまん〉。近松門左衛門作。《外題年鑑(明和版)》は1704年(宝永1)正月大坂竹本座初演とするが不確実。11年(正徳1)正月以前成立の《紫竹集》に本作の道行を収めるので,少なくともそれ以前の初演とみられる。源五兵衛・おまんを歌う近世初期の俗謡によって構想されたのであろう。《好色五人女》巻五〈恋の山源五兵衛物語〉からも趣向を得ている。薩摩の侍菱川源五兵衛はおまんとの恋が原因で国許を出て,京都の小万の屋敷の草履取となり,ここで小万の許嫁(いいなずけ)笹野三五兵衛を知り,彼が探している父の敵のありかを教える。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android