コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩歌 さつまうた

世界大百科事典 第2版の解説

さつまうた【薩摩歌】

人形浄瑠璃。世話物。3巻。角書〈源五兵衛おまん〉。近松門左衛門作。《外題年鑑(明和版)》は1704年(宝永1)正月大坂竹本座初演とするが不確実。11年(正徳1)正月以前成立の《紫竹集》に本作の道行を収めるので,少なくともそれ以前の初演とみられる。源五兵衛・おまんを歌う近世初期の俗謡によって構想されたのであろう。《好色五人女》巻五〈恋の山源五兵衛物語〉からも趣向を得ている。薩摩の侍菱川源五兵衛はおまんとの恋が原因で国許を出て,京都の小万の屋敷の草履取となり,ここで小万の許嫁(いいなずけ)笹野三五兵衛を知り,彼が探している父の敵のありかを教える。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

薩摩歌の関連キーワード掴み奉公・摑み奉公織り留め・織留めおまん源五兵衛物おまん源五兵衛蒸しくり暑しほてくろしい身祝い・身祝然してもない裄丈・裄長死に出立ち不敵ない生き如来肝精焼く御髪上げやれさて岡鬼太郎怪我過ち何時も事掴み奉公括り袖

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android