コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

薩摩歌 さつまうた

1件 の用語解説(薩摩歌の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

さつまうた【薩摩歌】

人形浄瑠璃。世話物。3巻。角書〈源五兵衛おまん〉。近松門左衛門作。《外題年鑑(明和版)》は1704年(宝永1)正月大坂竹本座初演とするが不確実。11年(正徳1)正月以前成立の《紫竹集》に本作の道行を収めるので,少なくともそれ以前の初演とみられる。源五兵衛・おまんを歌う近世初期の俗謡によって構想されたのであろう。《好色五人女》巻五〈恋の山源五兵衛物語〉からも趣向を得ている。薩摩の侍菱川源五兵衛はおまんとの恋が原因で国許を出て,京都の小万の屋敷の草履取となり,ここで小万の許嫁(いいなずけ)笹野三五兵衛を知り,彼が探している父の敵のありかを教える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

薩摩歌の関連キーワードおまん源五兵衛操り浄瑠璃時代世話浄瑠璃狂言浄瑠璃座世話浄瑠璃淡路人形浄瑠璃曽根崎心中内海繁太郎お万・源五兵衛

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

薩摩歌の関連情報