コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

肝線維症 かんせんいしょう

生活習慣病用語辞典の解説

肝線維症

肝臓内で組織結合が増加 (繊維化) することです。線維の量がさらに増え続けると肝臓が硬くなってしまい肝硬変になります。肝線維症では、全身倦怠感がある程度で、ほとんど特徴的な症状はありません。

出典|あなたの健康をサポート QUPiO(クピオ)生活習慣病用語辞典について | 情報

肝線維症の関連キーワード非アルコール性脂肪肝炎アルコール性肝障害アルコール性肝疾患門脈圧亢進症

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

肝線維症の関連情報