コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

症状 しょうじょうsymptoms and signs

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

症状
しょうじょう
symptoms and signs

生体が病気にかかったときに認められる変化を総括していう場合に用いる用語頭痛悪寒発熱などの自覚症状と,聴打診その他の検査をしてわかる他覚症状とがある。後者を特に徴候と呼ぶことが多い。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

症状
しょうじょう

病気または疾病、疾患とは、健康で正常な生活を営んでいる個体が、正常と認められる範囲を外れて、機能的、形態的、あるいは精神的に異常な状態となることであり、この異常な状態がさまざまの形で表現されたものが症状である。症状は自覚的なものと他覚的なものとに大別され、自ら感ずる、すなわち自覚的の異常感を訴える場合は愁訴complaints、自覚症状symptomsといい、医師の診察、あるいは検査によって確かめられる異常は他覚症状あるいは所見signsという。しかし医療の実際面では、通常、自覚症状、他覚症状をあわせて症状と一括される。[渡辺 裕]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

症状の関連キーワード老化にともなう運動器の主要な症状ベーチェット病の診断基準医薬品中毒の症状と注意仮面鬱病・仮面欝病ヘモシデリン沈着トゥレット症候群ベーチェット病急性呼吸器症状インフルエンザ脳静脈洞血栓症ビタミン欠乏有鉤条虫感染行動心理症状集団パニック月経前症候群ウィップル病ホメオパシー胃アトニーパラ血友病男性更年期

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

症状の関連情報