コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

脇屋蘭室 わきや らんしつ

大辞林 第三版の解説

わきやらんしつ【脇屋蘭室】

1764~1814) 江戸後期の儒学者。豊後の人。名は長之、字は子善、号は愚山など。熊本藩儒。三浦梅園に学び、中井竹山に師事した。朱子学者。著「蘭室集略」など。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

脇屋蘭室の関連キーワード三浦梅園中井竹山脇蘭室豊後

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android