コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

腰長押 コシナゲシ

デジタル大辞泉の解説

こし‐なげし【腰押】

壁などの中ほどや、窓の下にある長押

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

こしなげし【腰長押】

窓の下端や壁の中ほどなど建物の腰の部分にある長押。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の腰長押の言及

【長押】より

…棖の字を当てる場合もあるが,棖は方立(ほうだて)である。使用する場所によって,地面に接する地(じ)長押,縁の上にある切目(きりめ)長押,切目長押上の丈の低い半長押,窓下の腰長押,開口部の上方に位置する内法(うちのり)長押,内法長押より上にある上(かみ)長押,蟻壁(ありかべ)を受ける蟻壁長押,天井に接する天井長押などがある。初めは柱を横につなぐための構造材であったが,鎌倉時代以降,貫(ぬき)を通して柱を固めるようになると,徐々に構造的性質を失って装飾的な材へと変質していった。…

※「腰長押」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

腰長押の関連キーワード源氏塀下端建物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android