コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自噴泉 ジフンセン

デジタル大辞泉の解説

じふん‐せん【自噴泉】

自然にわき出ている温泉。→動力泉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の自噴泉の言及

【温泉】より


[湧出形態]
 温泉の湧出状況は地熱活動の強弱,溶存ガスの多寡,地質構造などの違いによってさまざまである。(1)自噴泉(または湧泉) 自然に湧出する温泉。(2)沸騰泉 泉水が沸騰し,水蒸気とともに噴出する高温泉。…

※「自噴泉」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

自噴泉の関連キーワードアンシュン(安順)市温泉(地学)皆生[温泉]島原(市)熊本平野柳津温泉小浜温泉行田市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android