コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

自由への讃歌

1件 の用語解説(自由への讃歌の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

自由への讃歌

アメリカのブルー・アイド・ソウル・バンド、ラスカルズの曲。1968年に発表。5週連続全米第1位を獲得。マーチンルーサーキングロバート・F.ケネディの死を悼んでメンバーのフェリックス・キャヴァリエとエディ・ブリガッティがつくったポリティカルソング。原題《People Got To Be Free》。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

自由への讃歌の関連キーワードアメリカの声ウルグアイアメリカンドリームソウルミュージックアメリカ草アイ・ラブ・ルーシーアメリカ アメリカアメリカの影映画に愛をこめて/アメリカの夜セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

自由への讃歌の関連情報