獲得(読み)ぎゃくとく

精選版 日本国語大辞典 「獲得」の意味・読み・例文・類語

ぎゃく‐とく【獲得】

〘名〙 (真宗での読みくせ) =かくとく(獲得)
教行信証(1224)三「夫以、獲得信楽、発起自如来選択願心
※蓮如御文章(1461‐98)三「一念帰命の他力信心を獲得(ぎゃくとく)する」

かく‐とく クヮク‥【獲得】

〘名〙 手に入れること。自分のものとすること。多く、努力苦心をして得ることにいう。ぎゃくとく。
日葡辞書(1603‐04)「Quacutocu(クヮクトク)。エ、ウル

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「獲得」の意味・読み・例文・類語

かく‐とく〔クワク‐〕【獲得】

[名](スル)手に入れること。努力して自分のものにすること。「自由を獲得する」「政権獲得
[類語]入手取得拾得既得先取先取り手に入る手に入れる手中に収める手にする手に落ちる

ぎゃく‐とく【獲得】

[名](スル)「かくとく(獲得)」の、真宗での読みくせ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「獲得」の読み・字形・画数・意味

【獲得】かくとく

得る。

字通「獲」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

柿落し

劇場用語。新築劇場の開場興行をいう。昔の劇場は,屋根を柿(こけら)でふき,完成のとき不用の板くずをはき落としたので,この語が生まれたという。...

柿落しの用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android