コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

舟形光背 フナガタコウハイ

大辞林 第三版の解説

ふながたこうはい【舟形光背】

仏像の光背で、船を立てた形をしたもの。舟形後光。舟後光。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の舟形光背の言及

【光背】より

…後光,御光ともいい,仏菩薩の放つ光明を象徴するもので,仏教彫刻や仏教絵画においては必ずこれが表現されるのはインド以来の伝統である。仏の光明は色光と心光とに分けられる。色光とは仏身より外に向かって発せられる光,つまり身光である。心光とは仏にそなわる智徳円満の光,すなわち智恵光である。仏は内に智徳が充満することによって,おのずから外に光輝があらわれると考えられた。仏像仏画に表現されるのは色身相としての光明である。…

※「舟形光背」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

舟形光背の関連キーワード廃少菩提寺石多宝塔および石仏大分元町石仏中ノ尾供養碑小田 武雄本田善光一光三尊笠置寺仏像

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

舟形光背の関連情報