コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

光背 こうはい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

光背
こうはい

後光 (ごこう) ,円光,輪光などともいう。仏身から発する光明を象徴化したもので,キリスト教美術光輪にあたる。頭部の光明を頭光 (ずこう) ,身体部のものを身光,両方の重なったものを挙身光 (きょしんこう,こしんこう) ,二重光背などという。おもに銅,木で造られ,板のままのもの,透かし彫の文様のあるもの,鍍金や漆箔押しのもの,彩色したものなどがある。光背の外側の部分を縁光といい,縁光内に表わされる意匠文様によって唐草光,飛天光,千仏光,火炎光などに分類される。また形のうえから蓮弁形挙身光,宝珠形頭光などの別がある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

こう‐はい〔クワウ‐〕【光背】

仏身から発する光明をかたどった、仏像の背後にある飾り。頭部のものを頭光(ずこう)、身体部のものを身光(しんこう)といい、中国・日本ではこの二重円光式を主体とする。さらにその周縁に火焔(かえん)を付し、全体を蓮弁形にすることが多く、これらを併せて挙身(こしん)光という。御光(ごこう)。後光(ごこう)。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

光背【こうはい】

俗に後(御)光ともいう。仏像の荘厳具の一つ。仏の身体から,知恵の象徴として発する光をかたどったもの。頭部にだけつくものを頭光(ずこう),体全部をとりまくものを挙身光(こしんこう)という。
→関連項目院尊鎌倉彫透彫山口大口費

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

こうはい【光背】

後光,御光ともいい,仏菩薩の放つ光明を象徴するもので,仏教彫刻や仏教絵画においては必ずこれが表現されるのはインド以来の伝統である。仏の光明は色光と心光とに分けられる。色光とは仏身より外に向かって発せられる光,つまり身光である。心光とは仏にそなわる智徳円満の光,すなわち智恵光である。仏は内に智徳が充満することによって,おのずから外に光輝があらわれると考えられた。仏像仏画に表現されるのは色身相としての光明である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

こうはい【光背】

仏像の背後についている、仏身から放射される光明を象徴的に表す装飾。頭部のものを頭光ずこう、身体部分のものを身光、両者をともに持っているものを挙身こしん光という。後光ごこう。御光ごこう

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

光背
こうはい

仏像の背後にあって、仏身から発する光明を表現したもの。後光(ごこう)、御光(ごこう)ともいう。仏の超人性を形容した三十二相のなかに、仏陀(ぶっだ)の額の中央にある白く細い巻き毛から光を発する白毫光(びゃくごうこう)と、仏体が金色でその光が周囲に満ち満ちていることが説かれている。この白毫光が頭光(ずこう)の、仏身金色の相が身光(しんこう)のもととなった。インドで仏像がつくられた早い時期には、無文の円板状か、その縁に円弧(光明の象徴)を連ねた簡単な頭光だけのものであったが、その後、全体が楕円(だえん)状の身光形のものも生まれ、表面に花や唐草(からくさ)を表した文様を付するようになった。中国に入ると、その形式や文様はさらに複雑になり、頭光・身光をあわせた二重円光背を中心に、その周囲に火焔(かえん)を表して、尖端(せんたん)のとがった宝珠(ほうしゅ)形の光背をつくりだし、また飛天(ひてん)・化仏(けぶつ)などを付した変化のある発達を遂げている。光背は儀軌(ぎき)(仏の供養などの修法(しゅほう)に関する規則)のうえからは荘厳(しょうごん)具ではないが、造像法のうえからは荘厳具に含めて考えられている。
 こうした光背はキリスト教美術でも行われており、「聖なる存在」の象徴として頭部に丸い輪または板状の光を付する。これはニンブスnimbusとよばれるが、キリストや聖母のようにとくに聖性を示すべき場合には、全身を包んだ楕円状の身光オーレオールaureoleが付加されることがある。[佐藤昭夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の光背の言及

【荘厳具】より

…(1)はさらに2種に分けられ,(a)仏身の荘厳具(著衣と装身具)としては,如来では袈裟と裙(くん)(裳),菩薩では天衣,条帛,裳と,宝冠,耳飾,頸飾,胸飾,瓔珞,腕臂足の鐶釧など,天部では甲冑,下衣,肘当,脛当,裳,袴,天衣,沓,それに宝冠など,明王では条帛と裳,ほかに金線冠,鐶釧などがみられる。(b)仏身を離れた荘厳具としては,光背と台座,それに天蓋がある。建造物に直属しない小型の厨子や宮殿などもこれに含めることができよう。…

【仏像】より

…それも上記のように場合によって異なるなど,さまざまな展開を示した。
[荘厳具]
 こうした仏教の諸尊像は,身につける物のほかに,像の背後にあってそれを飾る光背,像の下にあってこれを保持する台座,像の上に懸けられる天蓋などの荘厳具(しようごんぐ)を持つのが普通である。光背は,仏像発生の初期には,仏の発する光明を具象化する意味で,仏像の頭部の背後に付せられた円形のみであったが,だんだん複雑,華麗な形式をつくり出すようになり,日本の場合,多く頭部,体部それぞれの背後に円相が当てられ(二重円相),その基部に光脚,周縁に火焰や唐草などの文様帯をあしらった二重円相光が基本とされるようになった。…

※「光背」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

光背の関連キーワード癸未年銘金銅一光三尊仏延嘉年銘金銅如来立像甘山寺石造阿弥陀像鞍作止利・鞍作鳥アトリビュート良秀(1)阿弥陀被りハロー効果アウレオラ一光三尊薬師徳保阿弥陀笠火焔光背舟形光背薬師草造像記仏炎包ハロー傘後光舟後光

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

光背の関連情報