コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

芝打ち シバウチ

デジタル大辞泉の解説

しば‐うち【芝打ち】

幕やひもなどの垂れた先が地面に触れること。また、その幕やひも。
尻繋(しりがい)の総(ふさ)。
草摺(くさずり)・行縢(むかばき)などの裾。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

しばうち【芝打ち】

物の端が長く垂れ下がって地面に触れること。また、その先端の部分。幕や行縢むかばき、馬の尻懸しりがいなどにいう。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

芝打ちの関連キーワード尻繋

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android