地面(読み)じめん

精選版 日本国語大辞典「地面」の解説

じ‐めん ヂ‥【地面】

〘名〙
① 土地の表面。平地の面。地上。地表。じべた。
※本朝麗藻(1010か)上・清夜月光多〈一条天皇〉「山川一色天涯雪、郷国幾程地面氷」
※草枕(1906)〈夏目漱石〉五「親方は裸石鹸(はだかしゃぼん)を裸の儘棚の上へ放り出すと、石鹸は親方の命令に背いて地面の上へ転がり落ちた」 〔元史‐天文志〕
② 土地。地所。宅地。
※正法眼蔵(1231‐53)洗浄「廁籌をもて地面を劃することなかれ」
※滑稽本・東海道中膝栗毛(1802‐09)三「わっちも女郎かいでは、地面(ヂメン)の五か所と拾か所はなくしたものだが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「地面」の解説

じ‐めん〔ヂ‐〕【地面】

土地の表面。地表。「でこぼこの地面
土地。地所。「何ヘクタールもの地面を所有する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android