花粉光環(読み)かふんこうかん

知恵蔵mini「花粉光環」の解説

花粉光環

大量の花粉が大気中に飛散することで起こる、太陽周囲虹色光環が見える現象太陽光が障害物のの部分に回り込む、回折という現象によって生じる。環には障害物の大きさやが揃っているほど色の濃度が上がるという性質があるが、花粉のは大きさが揃っているだけでなく、スギ花粉のように突起をもつものは大気中で同じ方向を向きやすいため、そのぶん濃度の高い虹色となる。

(2019-3-14)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

デジタル大辞泉「花粉光環」の解説

かふん‐こうかん〔クワフンクワウクワン〕【花粉光環】

大気中に飛散した大量のスギ花粉によって生じる光環。光の回折現象の一種で、虹のようなが二重三重に広がって見える。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android