コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

范曄 はんよう

1件 の用語解説(范曄の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

はんよう【范曄】

398~445) 中国、南朝時代の宋の学者。字あざなは蔚宗うつそう。諸家の歴史書を集大成して、現存の「後漢書」を著した。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の范曄の言及

【後漢書】より

…正史の一つ。南朝宋の范曄(はんよう)が《東観漢記》のほか数十家にのぼる先行の後漢時代史を参考にしつつ,432年(元嘉9)に完成。本紀10巻,列伝80巻。…

※「范曄」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

范曄の関連キーワード根抵当資本金後漢書脱法ハウスギルドマスターズ・カップJA越前たけふ関東職業能力開発大学校アレッポ僧祐

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone