コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

後漢書 ごかんじょHou-han-shu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

後漢書
ごかんじょ
Hou-han-shu

中国,後漢一代のことを記した紀伝体の歴史書。正史の一つ。 120巻。うち本紀 10巻,列伝 80巻は南朝宋の范曄の作。志 30巻は晋の司馬彪の作。范曄はそれまでにあった七,八種類の後漢書を独自の考えで書き改め,論,賛などの評論を付した。これには志が欠けていたが,宋の時代に孫せきの建議に基づいて,司馬彪の『続漢書』の志が合本された。紀伝の部には唐の章懐太子李賢の注,志の部には南朝梁の劉昭の注が付されている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ごかんじょ【後漢書】

中国の二十四史の一。後漢の歴史を記した書。全120巻。本紀10巻、列伝80巻は南朝の范曄(はんよう)の撰。志30巻はの司馬彪(しばひょう)の「続(しょく)漢書」の志が充用されている。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

後漢書【ごかんじょ】

中国,後漢(25年―220年)時代を記した紀伝体の歴史書。全120巻であるが,本紀10巻・列伝80巻は南朝宋の范曄(はんよう)の作で,志30巻は晋の司馬彪(しばひょう)の作。
→関連項目甘英正史

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ごかんじょ【後漢書 Hòu hàn shū】

王朝一代にかんする紀伝体の史書。正史の一つ。南朝宋の范曄(はんよう)が《東観漢記》のほか数十家にのぼる先行の後漢時代史を参考にしつつ,432年(元嘉9)に完成。本紀10巻,列伝80巻。志30巻は,のち宋代に東晋の司馬彪(しばひよう)の《続漢書》のそれをもって補ったもの。成立は陳寿の《三国志》におくれ,後漢末に関する記述は重なる部分が多い。〈東夷伝〉のなかの倭国の記事も《魏志倭人伝》と重なる。1971‐72年にその墓が発掘された唐の章懐太子李賢が注を書いた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ごかんじょ【後漢書】

中国、二十四史の一。後漢の歴史を記した紀伝体の書。一二〇巻。南朝宋の范曄はんようの撰。本紀一〇巻・志三〇巻・列伝八〇巻。そのうち志は晋の司馬彪しばひようの「続漢書」の志を北宋時代に合刻したもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

後漢書
ごかんじょ

中国、後漢時代を記した歴史書。正史の一つ。120巻。そのうち本紀10巻、列伝80巻は范曄(はんよう)(398―445)の撰(せん)であり、志30巻は晋(しん)の司馬彪(しばひょう)(240ころ―306ころ)の『続漢書』の志であったものをとっている。曄は南朝宋(そう)の人で、それまでに書かれた数種の『後漢書』を参考にして、自分の考えをもって原典の文章を改削さえもして著した。文苑(ぶんえん)、列女、宦者(かんじゃ)伝などを設け、循吏(じゅんり)伝以下に序を付したのをはじめ、紀、伝にはかならず論賛を付した。志は食貨、芸文の2志を欠くのが欠点である。[狩野直

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の後漢書の言及

【正史】より

…最近の中国では《清史稿》も正史に準じて扱っている。なお《史記》《漢書》《後漢書》《三国志》を前四史,遼,金,元の三史を後三史と呼ぶ。正史はすべて紀伝体であるが,付表のように表と志を欠くものも少なくない。…

※「後漢書」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

後漢書の関連キーワード虎穴に入らずんば虎子を得ず赤心を推して人の腹中に置く老いてはますます壮なるべし老いては益々壮んなるべし糟糠の妻は堂より下さず忠臣を孝子の門に求む目を掩うて雀を捕らう命は義に縁りて軽し可もなく不可もなし室に入りて矛を操る命は義によりて軽し刀折れ,矢尽きる夷を以て夷を制す疾風に勁草を知る死中に活を求める客星御座を犯す刀折れ矢尽きる価を二つにせず名を竹帛に垂る馬革に屍を裹む

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

後漢書の関連情報