コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

茨城県つくば市 つくば〈し〉

1件 の用語解説(茨城県つくば市の意味・用語解説を検索)

日本の地名がわかる事典の解説

〔茨城県〕つくば〈市〉(つくば〈し〉)


茨城県南西部の学園・研究都市。
筑波山南麓から常陸台地南西部を占める。2007年(平成19)4月から筑波研究学園都市を擁する特例市。1963年(昭和43)に決定した研究学園都市構想に基づき、筑波大学をはじめ多くの研究機関・大学が移転。都市化が進展し人口が急増した。1985年、国際科学技術博覧会つくば万博)を開催。1987年に筑波研究学園都市を構成する6町村のうち、筑波郡谷田部・豊里・大穂の3町と新治郡桜村が合併し市制施行。1988年、筑波町を編入。2002年11月には稲敷郡茎崎町と合併して現在の姿となる。化学・金属などの各種の先端技術関連工場が進出し、工業団地を形成。周辺の農業地帯では蔬菜(そさい)栽培が盛ん。市街中心部の吾妻・竹園地区に公共施設が集まり、業務街・商店街をなす。北部は水郷筑波国定公園に属し、関東の名山といわれる筑波山の山頂までロープウエーケーブルカーが通じる。南部には常磐自動車道が通じ、首都圏中央連絡自動車道(圏央道)の建設も進む。
2005年、つくばエクスプレスが開通したことにより、市の中心部から東京秋葉原が約45分で結ばれることとなった。筑波大学・筑波技術大学産業技術総合研究所つくばセンター国土地理院気象研究所畜産草地研究所森林総合研究所など、多数の学園・研究施設がある。ケンブリッジ市(米国)など4つの海外都市と姉妹都市友好都市の関係を結んでいる。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

茨城県つくば市の関連情報