コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒代/粗代 アラシロ

デジタル大辞泉の解説

あら‐しろ【荒代/粗代】

田植えのために行う最初の代掻(しろか)き。植え代の前に行うもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の荒代/粗代の言及

【代搔き】より

…この面から下は耕起されない)上で土を練って漏水を防止するなどである。代搔きは砕土を中心とする荒代(あらしろ),砕土均平を兼ねる中代(なかしろ),均平を中心とする植代(うえしろ)を数日おきに行う。作業には,かつては人力のくわ,えぶり,畜力のまぐわなどが使われたが,現在では機械が普及し,耕耘機やトラクターにかご車輪,ロータリー,代搔きローター,ドライブ・ハローなどを装着して行うことが多い。…

※「荒代/粗代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒代/粗代の関連キーワード植え代掻き・植え代搔き・植代掻き・植代搔き代掻き田植え代搔き植代

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android