コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

荒代/粗代 アラシロ

デジタル大辞泉の解説

あら‐しろ【荒代/粗代】

田植えのために行う最初の代掻(しろか)き。植え代の前に行うもの。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典内の荒代/粗代の言及

【代搔き】より

…この面から下は耕起されない)上で土を練って漏水を防止するなどである。代搔きは砕土を中心とする荒代(あらしろ),砕土均平を兼ねる中代(なかしろ),均平を中心とする植代(うえしろ)を数日おきに行う。作業には,かつては人力のくわ,えぶり,畜力のまぐわなどが使われたが,現在では機械が普及し,耕耘機やトラクターにかご車輪,ロータリー,代搔きローター,ドライブ・ハローなどを装着して行うことが多い。…

※「荒代/粗代」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

荒代/粗代の関連キーワード植え代掻き・植え代搔き・植代掻き・植代搔き代掻き田植え代搔き植代

今日のキーワード

所信表明演説

政府の長が施政に関する考え方を明らかにするために行う演説。日本の国会では、臨時国会や特別国会の冒頭に内閣総理大臣が衆議院および参議院の本会議場で行い、当面の問題を中心にその国会における内閣の方針を示す...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android