コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

田植え たうえ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

田植え
たうえ

水稲栽培で苗を苗代から本田に移植する作業。日本の稲作でも古くは直播による栽培が行なわれていたが,奈良時代から平安時代にかけて田植えが一般化した。田植えの時期は北海道,東北地方での 5月中旬から,九州地方の 6月中旬と稲作期間の長短によって異なる。植え付け密度も早晩の品種別や気候,地方差によって異なるが,関東地方では 4~5本を 1株,1m2あたり 15~18株程度を基準とし,北へ行くほど多く,南へ行くほど少なくなる。古来,田植えは稲作で最も重要な行事とされ,神を迎えて行ない,その初めの日をサオリ,田植えを終えて神を送るのをサナブリといい儀礼を伴う(→さなぶり)。田植え時期の 5月をサツキ,田植乙女をサオトメ(早乙女)というが,いずれもサは田の神を意味する接頭語である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

田植えの関連キーワード御田植え祭り・御田植え祭植え付け・植付けさんばい降ろし早乙女・早少女囃田・囃子田伊勢の御田植田の草取り植付け半作田歌・田唄田植定規御田植祭仕付け時苗取り歌早苗打ち田植え笠早上り苗打ち二番草早降り代掻き

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

田植えの関連情報