コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

華氏四五一度

1件 の用語解説(華氏四五一度の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

華氏四五一度

米国の作家レイ・ブラッドベリの長編SF(1953)。原題《Fahrenheit 451》。“本”が禁止されている近未来を舞台にしたディストピアものの名作。1966年、フランソワトリュフォー監督で映画化(邦題『華氏451』)。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

華氏四五一度の関連キーワード火星年代記恐竜物語さよなら、コンスタンスさよなら僕の夏たんぽぽのお酒塵よりよみがえりブラッドベリがやってくる/小説の愉悦ブラッドベリはどこへゆく/未来の回廊黄泉からの旅人よろこびの機械

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone