コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

菱刈鉱山

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

菱刈鉱山

1750年ごろに旧山田金山が見つかる。1985年、住友金属鉱山菱刈鉱山として開山し出鉱が始まった。97年、新潟・佐渡金山の産金量を抜き日本一に。金の国内用途は、約50%が電気通信・機械部品。残りは私的保有や宝飾用品、歯科医療分野など。菱刈鉱山生まれの鉱石は湯之尾温泉地内の物産館などで手に入る。

(2011-06-06 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

デジタル大辞泉プラスの解説

菱刈鉱山

鹿児島県伊佐市の菱刈地区にある鉱山。金、銀を産出。高品位の金で知られる国内稼働唯一の鉱山。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ひしかりこうざん【菱刈鉱山】

鹿児島県にある金・銀鉱山。1981年,金属鉱業事業団探鉱により発見され,85年に住友金属鉱山(株)の鉱山として開山式を迎えた。世界的にも希有の高品位の金銀脈(本山鉱床)で,その後発見された周辺の山田鉱床,山神鉱床と併せて,金量にして250tを超すとみられている。トラックレス斜坑を中心に開発されているが,96年は金60g/tの鉱石15万tを生産した。採掘された鉱石は銅製錬所のケイ酸原料として使われ,金・銀は,最終的に銅の電解工程で採取される。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の菱刈鉱山の言及

【金】より

…かつて黄金の国といわれた日本も1940年の27t(日本本土のみ)を最高に減少の一途をたどってきた。ただ最近では九州南部で住友金属鉱山が世界的にもまれにみる高品位金鉱床を発見(菱刈鉱山,1985年から本格的に採掘)するなど活発な探鉱が続いている。 金の需要は電子工業中心の工業用,装飾品用,私的退蔵用に分かれるが,工業用を除き価格弾力性がきわめて高い。…

※「菱刈鉱山」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

菱刈鉱山の関連キーワード鹿児島県伊佐市菱刈前目鹿児島県伊佐市菱刈〈町〉串木野鉱山伊佐(市)鹿児島県

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

菱刈鉱山の関連情報