コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

葉タバコ ハタバコ

3件 の用語解説(葉タバコの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

は‐タバコ【葉タバコ】

収穫して乾かしたタバコの葉。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

葉タバコ

タバコ農家はJTと契約し、栽培した全量をJTが買い取る。品質に応じて買い取り価格が決められている。1月ごろに種まきをし、5月中旬~7月が収穫期。県内の農家は収穫・乾燥後、宮崎県都城市にあるJT南九州地方原料本部のリーフセンターに持ち込む。県内の生産農家数は1948年ごろをピークに減り続けている。

(2011-11-24 朝日新聞 朝刊 鹿児島全県 1地方)

出典|朝日新聞掲載「キーワード」
朝日新聞掲載「キーワード」について | 情報

大辞林 第三版の解説

はタバコ【葉タバコ】

収穫して乾燥を終えたタバコの葉。刻んでいない、葉のままのタバコ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内の葉タバコの言及

【タバコ(煙草)】より

…このほか,長崎伝来のものに由来する阿波葉,達磨(だるま)葉などがあげられる。これらの品種は気候,風土に馴化(じゆんか)して細刻み原料として成立し,1898年の葉タバコ専売移行時には全国で70種以上を数え,総括して在来種と呼ばれている。その後,嗜好の変化により紙巻タバコ(シガレット)原料用として黄色種がアメリカから輸入され,1897年の試作ののち瀬戸内沿岸を中心に広まった。…

【農産物価格政策】より

…その価格政策の手法は農産物によって違い,政策介入の程度も著しく異なるが,手法に着目して類型化すると次の6類型になる。
[政策の類型]
 (1)管理価格制度 米と葉タバコが対象品目。米については政府(葉タバコは日本専売公社,1985年4月以降は日本たばこ産業株式会社)が作付面積を決め,自家飯米を除く流通量を政府の管理下におき(〈食糧管理制度〉の項参照),政府が一定価格で買い上げる制度である。…

※「葉タバコ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

葉タバコの関連情報