コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

煙草/莨 タバコ〈ポルトガル〉tabaco

デジタル大辞泉の解説

タバコ【煙草/莨】

ナス科の多年草。日本では一年草。高さ1.5~2メートルになり、大きい楕円形の葉が互生する。夏、細長いらっぱ状の淡紅色の花を多数開く。葉にニコチンを含み、喫煙用に加工したり、殺虫剤原料としたりする。南アメリカ原産で、桃山時代に輸入。 花=秋》
タバコを乾燥・加工したもの。火をつけて吸煙する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

動植物名よみかた辞典 普及版の解説

煙草 (タバコ・ケムリグサ;ケブリグサ)

学名:Nicotiana tabacum
植物。ナス科一年草,薬用植物

出典|日外アソシエーツ「動植物名よみかた辞典 普及版」動植物名よみかた辞典 普及版について | 情報

煙草/莨の関連キーワード擦り火打ち・擦火打ちジョン・ドリトル作物作付制限令山内四郎左衛門五十煙草に百酒村井 吉兵衛ありべかかり桜灰・佐倉灰忘れ草・萱草関野 作次郎御先タバコ宗像 利吉仁尾 惟茂関野作次郎モノドラマ火屋・火舎書院毛抜き手持ち無し和須礼久佐松浦千代松

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android