コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蒲庵宗陳 ほあん そうちん

2件 の用語解説(蒲庵宗陳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

蒲庵宗陳 ほあん-そうちん

古渓宗陳(こけい-そうちん)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

蒲庵宗陳

没年:慶長2.1.17(1597.3.5)
生年:天文1(1532)
室町末・安土桃山時代臨済宗の僧。古渓宗陳ともいう。諡号は大慈広照禅師。越前(福井県)朝倉氏の出身。出家して下野(栃木県)足利学校に学んだのち,大徳寺の江隠宗顕の法を嗣いだ。天正1(1573)年大徳寺の第117世となる。豊臣秀吉の帰依を受け,その開基にかかる総見院,海会寺の開山となったが,のち流罪に処せられた。同16年,筑紫への配流に当たり千利休が送別の茶会を行っているが,これが利休切腹の一因とされている。晩年に帰京し,洛北(京都府)の常楽庵に居した。<著作>『蒲庵稿』<参考文献>桑田忠親『千利休』,大桑斉「天正寺の創建・中絶から大仏造営へ」(『大谷学報』63巻2号)

(石井清純)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

蒲庵宗陳の関連キーワード集堯仁如雲英宗偉正韵東海宗朝文閑安土桃山時代済家雪蹊寺寺預け伊勢・安土桃山文化村

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone