コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古渓宗陳 こけい そうちん

2件 の用語解説(古渓宗陳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古渓宗陳 こけい-そうちん

1532-1597 戦国-織豊時代の僧。
天文(てんぶん)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。足利学校にまなび,京都大徳寺の江隠宗顕(こういん-そうけん),笑嶺宗訢(しょうれい-そうきん)に師事し,宗訢の法をつぐ。天正(てんしょう)元年大徳寺住持。豊臣秀吉織田信長追善のためにたてた総見院の開山(かいさん)となる。千利休の禅の師。慶長2年1月17日死去。66歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。俗姓は朝倉。諡号(しごう)は大慈広照禅師。別号に蒲庵(ほあん)。

出典|講談社
デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

こけいそうちん【古渓宗陳】

1532‐97(天文1‐慶長2)
安土桃山時代の禅僧。越前朝倉氏の出身。号は蒲庵(ほあん)。大徳寺の江隠宗顕,笑嶺宗訢のもとで修行し,のち大徳寺の住持となった。高徳と豪毅な禅は世に聞こえ,豊臣秀吉は宗陳を織田信長の菩提のために創建した総見院の開山に迎え,信長の葬儀に導師を命じた。権勢を恐れず,石田三成と衝突し,しばらく博多に流されたこともある。茶の湯をよくたしなみ,千利休の参禅の師であり,〈利休〉の居士号はもともと宗陳が選んだものという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

古渓宗陳の関連キーワードフロイス足利義昭葛西晴信来島通総沈惟敬ナバレテフィゲイレドフロイス蒲庵宗陳フロイス

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone