コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

古渓宗陳 こけい そうちん

2件 の用語解説(古渓宗陳の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

古渓宗陳 こけい-そうちん

1532-1597 戦国-織豊時代の僧。
天文(てんぶん)元年生まれ。臨済(りんざい)宗。足利学校にまなび,京都大徳寺の江隠宗顕(こういん-そうけん),笑嶺宗訢(しょうれい-そうきん)に師事し,宗訢の法をつぐ。天正(てんしょう)元年大徳寺住持。豊臣秀吉織田信長追善のためにたてた総見院の開山(かいさん)となる。千利休の禅の師。慶長2年1月17日死去。66歳。越前(えちぜん)(福井県)出身。俗姓は朝倉。諡号(しごう)は大慈広照禅師。別号に蒲庵(ほあん)。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

世界大百科事典 第2版の解説

こけいそうちん【古渓宗陳】

1532‐97(天文1‐慶長2)
安土桃山時代の禅僧。越前朝倉氏の出身。号は蒲庵(ほあん)。大徳寺の江隠宗顕,笑嶺宗訢のもとで修行し,のち大徳寺の住持となった。高徳と豪毅な禅は世に聞こえ,豊臣秀吉は宗陳を織田信長の菩提のために創建した総見院の開山に迎え,信長の葬儀に導師を命じた。権勢を恐れず,石田三成と衝突し,しばらく博多に流されたこともある。茶の湯をよくたしなみ,千利休の参禅の師であり,〈利休〉の居士号はもともと宗陳が選んだものという。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

古渓宗陳の関連キーワード織豊時代寿昌祐定(3)是庵宣安明言宗儔祖栄谷宗臨等恵藤木久志

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone