コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原公通 ふじわらの きんみち

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原公通

没年:承安3.4.9(1173.5.22)
生年:永久5(1117)
平安後期の貴族。西園寺家の祖権中納言藤原通季と大納言藤原忠教の娘の子。閑院按察,藤大納言,按察大納言と号す。保安3(1122)年叙爵。丹波守,侍従,因幡守,右少将,右中将,蔵人頭 を経て,久安6(1150)年参議となる。保元2(1157)年権中納言に昇るが,翌年辞官。平治2(1160)年2月,権中納言に還任,同年8月正中納言に転じ,さらに永暦2(1161)年権大納言に昇る。応保2(1162)年按察使を兼任。死去の日は一説に4月8日。多数の漢詩,和歌を遺している。

(上杉和彦)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原公通の関連キーワード西園寺公通

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android