コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原通季 ふじわらの みちすえ

2件 の用語解説(藤原通季の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤原通季 ふじわらの-みちすえ

西園寺通季(さいおんじ-みちすえ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原通季

没年:大治3.6.17(1128.7.16)
生年:寛治4(1090)
平安末期の公卿。権大納言藤原公実と但馬守藤原隆方の娘(光子)の子。代々天皇家の外戚であり,また母が堀河・鳥羽両天皇の乳母であったことから9歳で叙爵,他の異母兄弟より早く官位昇進した。鳥羽天皇の蔵人頭から永久3(1115)年参議となり,左中将・左衛門督を経て,正三位権中納言に至る。また同母妹璋子が鳥羽天皇中宮となったことから,中宮権大夫となった。豊原時元より笙を学ぶ一方,美声の持ち主でもあり,今様を歌って熱病を克服した話が伝わる。長身の人であったようだ。摂家に次ぐ家格の清華家のひとつである西園寺家の祖。

(渡辺晴美)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤原通季の関連キーワード四納言徳大寺実能藤原公実藤原公通藤原公保藤原光子藤原実宗藤原実行藤原隆季藤原経宗

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone