藤原長清(読み)ふじわら ながきよ

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原長清

生年:生没年不詳
鎌倉時代の歌人。時宗に帰依し他阿の教えを受ける。また冷泉為相より和歌を学び,その支援のもとに延慶3(1310)年ごろ『夫木和歌抄』を編纂。地方の武門出身でありながら,今日なお和歌研究に必備の36巻におよぶ同書を編んだことは驚嘆に値する。

(田渕句美子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

世界大百科事典内の藤原長清の言及

【夫木和歌抄】より

…36巻。藤原長清(ながきよ)撰。1310年(延慶3)ごろ成る。…

※「藤原長清」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ビル風

高層建築物の周辺でみられる、建物による風の乱れをいう。風向の変化のほかに風速の強弱によって表される。一般には、高層ビルの周辺で吹く強い風をさすことが多い。 風の強くなる場合として次の三つがある。(1)...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android