コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

勝間田長清 かつまた ながきよ

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

勝間田長清 かつまた-ながきよ

?-? 鎌倉時代の歌人。
遠江(とおとうみ)(静岡県)榛原(はいばら)の勝間田城主。京都で冷泉為相(れいぜいーためすけ)にまなぶ。時宗に帰依(きえ)して真教の教えをうけ,延慶(えんきょう)3年(1310)真教をたずねて15番の歌合わせをもよおす。そのころ「夫木和歌抄」を撰し,のちの類題和歌集などに影響をあたえた。「玉葉(ぎょくよう)和歌集」に作歌が1首おさめられている。本姓は藤原。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

勝間田長清の関連キーワード鎌倉時代藤原長清遠江

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android