コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤原隆子 ふじわらの りゅうし

朝日日本歴史人物事典の解説

藤原隆子

生年:生没年不詳
平安中期,村上源氏の祖源師房(具平親王嫡男)の正妻。藤原道長と源高明の娘明子の子。道長の娘で唯一臣下に嫁いだ。師房は頼通(道長の子)の室隆姫の弟で,頼通の養子。この結婚は師房を,子に恵まれない頼通の正式な後継者とするための道長による工作だという説もある。結婚半年後に師房は急激な昇位を遂げ,「関白(頼通)の養子であり,禅室(道長)の婿であるためか」(『小右記』)と批判された。隆子本人にとって最初は不本意な結婚だったが,『栄花物語』は,八十余歳まで生き,大臣,関白などの子に恵まれ「めでたき御幸」だったとする。<参考文献>坂本賞三『藤原頼通の時代』

(楢原潤子)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

藤原隆子の関連キーワード聖護院宮道寛法親王藤原尊子後西天皇逢春門院陰明門院

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android