コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

藤四郎景正 とうしろう かげまさ

2件 の用語解説(藤四郎景正の意味・用語解説を検索)

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

藤四郎景正 とうしろう-かげまさ

加藤景正(かとう-かげまさ)

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

藤四郎景正

生年:生没年不詳
瀬戸焼の祖とされる伝説的人物。正しくは,加藤四郎左衛門景正とされる。貞応2(1223)年道元禅師に従って宋に渡り,茶入の製法を学んで帰国したという。その存在を正確に確かめる術はないが,現在までの発掘調査による報告では,13世紀前半に瀬戸焼が中国陶磁の倣製を基本方針にして,日本で唯一の施釉陶を焼製しはじめたことは確かであり,藤四郎伝説とおおむね一致する。したがって,そのような先進性を持った人物が瀬戸にいたことは事実と思われる。一方,窯や成形,釉の技術は日本在来の技であり,13世紀の中国製陶技術の導入が認められないのも事実である。藤四郎伝説を今日に伝える最古の資料は,土佐(高知県)の尾戸焼の陶工森田久右衛門の日記(1678)である。それによると,久右衛門が瀬戸を訪れ山口小左衛門から直接聞いたこととして,450年ほど前,鎌倉幕府2・3代将軍のころ,瀬戸焼の陶祖藤四郎が12年間中国に陶法の修業に行った,と記している。伝承によると,仁治3(1242)年山田郡(瀬戸市)に窯を定め,晩年になって出家し,春慶と号して禅長庵に住したともいう。<参考文献>『日本陶窯史』

(矢部良明)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

藤四郎景正の関連キーワードイリュリア語加藤景正古瀬戸瀬戸焼藤四郎叔斉セム金九郎小次郎冠者彦右衛門

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone