蚊の睫に巣をくう(読み)かのまつげにすをくう

精選版 日本国語大辞典「蚊の睫に巣をくう」の解説

か【蚊】 の 睫(まつげ)に巣(す)をくう

(「列子‐湯問」に「江浦之間生麽虫。其名曰焦螟。羣飛而集於蚊睫、弗相触也。栖宿去来、蚊弗覚也」とあるのによる) きわめて微小なこと。また不可能なことのたとえ。〔易林本節用集(1597)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android