コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蛍光色素 ケイコウシキソ

デジタル大辞泉の解説

けいこう‐しきそ〔ケイクワウ‐〕【蛍光色素】

照射された光のエネルギーを吸収して発光する色素。蛍光染料などで、X線可視光に変えるために用いる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

蛍光色素の関連キーワード中心性漿液性網脈絡膜症(中心性網脈絡膜炎)網膜中心静脈閉塞症網膜中心動脈閉塞症STAP細胞バイオチップ中心性網膜炎蛍光顕微鏡蛍光性色素着床前診断免疫蛍光法トレーサー蛍光抗体法光遺伝学標識放流発光塗料緑膿菌視神経

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

蛍光色素の関連情報