コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

蟹葉サボテン カニバサボテン

デジタル大辞泉の解説

かにば‐サボテン【×蟹葉サボテン】

サボテン科の常緑の多年草。茎は平たく、カニの脚に似る。冬、紅色の花をつける。南アメリカの原産。かにサボテン

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

かにばサボテン【蟹葉サボテン】

サボテン科の多年草。ブラジル原産。茎は扁平で細長い楕円形の茎節が連なり、多く分枝し下垂する。茎節にはとげがなく、葉は退化。早春、紫紅色の漏斗状花をつける。本種を母種の一とする園芸種クリスマス-カクタスのうち、茎節が細くとげがないものを称することが多い。カニサボテン。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone