コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

紅色 べにいろ

色名がわかる辞典の解説

べにいろ【紅色】

色名の一つ。くれないともいう。JISの色彩規格では「あざやかな」としており、文章表現では紅赤と同じだが、色を数値で表した場合は紅赤よりも少し濃くなっている。一般に、キク科ベニバナの花びらから紅色素を抽出して染めた濃い赤のこと。ベニバナの異名は「呉くれの藍あい」で、中国の呉の国から伝えられたことを意味している。当時はや赤にかかわらず、染料のことを藍と呼んでいたとされる。染色のほか、口紅など化粧にも用いた。現代では国が表彰する紅綬褒章こうじゅほうしょうの綬(リボン)は紅色。また「国旗及び国歌に関する法律」によって、日本の国旗「日章旗」の赤い丸「日章」は紅色と定められている。

出典 講談社色名がわかる辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

くれない‐いろ〔くれなゐ‐〕【紅色】

鮮明な赤色。くれない。

こう‐しょく【紅色】

くれない色。べに色。「暗紅色
顔色の美しいこと。
「類なき貴妃の―」〈謡・皇帝

べに‐いろ【紅色】

鮮やかな赤。くれない色。べに。こうしょく。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

くれないいろ【紅色】

紅花で染めた鮮やかな赤色。紅。

こうしょく【紅色】

くれないの色。べにいろ。

べにいろ【紅色】

紅花の花びらから採った鮮やかな赤い色素。また、その色。色素は化粧品の原料・染料・食品の着色料とする。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

紅色の関連キーワード荒染・退紅・桃花染テングサ(天草)アルペンローゼ紅鬱金・紅欝金フシキントキロドトルラ属スターキングフェイジョア米子赤かぶ鵜の目硫黄クリムソンカルタミン唐紅・韓紅フシツナギ皆紅の扇紅色細菌花見団子修善寺紙マゼンタ化粧品

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

紅色の関連情報