コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行き巡る/行き廻る ユキメグル

デジタル大辞泉の解説

ゆき‐めぐ・る【行き巡る/行き×廻る】

[動ラ四]
あちこちめぐり歩く。
「をみなへし咲きたる野辺を―・り君を思ひ出たもとほり来(き)ぬ」〈・三九四四〉
一回りして元にもどる。
「ながらふるほどはうけれど―・り今日はその世にあふ心地して」〈賢木

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆきめぐる【行き巡る】

( 動四 )
あちらこちらをめぐり歩く。 「女郎花咲きたる野辺を-・り/万葉集 3944
ひとまわりしてもどる。 「 - ・りても会はむとぞ思ふ/古今 離別

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

行き巡る/行き廻るの関連キーワード野辺離別

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android