野辺(読み)ノベ

大辞林 第三版の解説

のべ【野辺】

〔古くは「のへ」〕
野原。 「 -の草花」 「山辺も-も花盛り」 「花散らふ秋津の-に/万葉集 36
埋葬場。火葬場。 「おもひまふけし死人なれば夜のうちに-へおくり申たき/浮世草子・五人女 4
「野辺送り」の略。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ぬ‐べ【野辺】

〘名〙 (→ぬ(野)) ⇒のべ(野辺)

の‐べ【野辺】

〘名〙 (古くは「のへ」か)
① 野のほとり。野原。野。
※万葉(8C後)一・三六「花散らふ 秋津の野辺(のへ)に 宮柱 太敷きませば」
② 火葬場。埋葬地。墓地。
※太平記(14C後)六「葬礼の為に、側なる野辺(ノベ)へ越ける其間に」
浮世草子・世間子息気質(1715)四「野辺の衆も、宵からつめかけて」

の‐へん【野辺】

〘名〙 野のあたり。のべ。
※咄本・聞上手三篇(1773)介錯「ある侍、野辺(ノヘン)を通りけるに、松かげに壱人の侍、もろ肌ぬいで」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

野辺の関連情報