コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行く春 ユクハル

デジタル大辞泉の解説

ゆく‐はる【行く春】

過ぎ去っていこうとする。暮れていく春。晩春。 春》「―や鳥啼き魚の目は泪(なみだ)/芭蕉
[補説]書名別項。→ゆく春

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ゆくはる【行く春】

過ぎ去ろうとしている春。暮春。晩春。 [季] 春。 《 -を近江の人とおしみける /芭蕉 》

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

行く春の関連キーワード弥生(陰暦3月の異称)おくのほそ道名残を惜しむ俳句(文学)川合 玉堂長塚 節川合玉堂後賑はし伊勢講季語振る惜春暮春宇治愛惜

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

行く春の関連情報