コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

行者葫 ぎょうじゃにんにく

大辞林 第三版の解説

ぎょうじゃにんにく【行者葫】

ユリ科の多年草。深山の林中に自生。根生葉は狭長楕円形。初夏、花茎を立て、白色の小花を多数散状につける。地下にラッキョウのような鱗茎りんけいがあり、ニンニク臭が強いが食用になる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

行者葫の関連キーワードラッキョウ根生葉食用白色小花花茎林中深山自生

今日のキーワード

ICT

情報・通信に関する技術の総称。従来から使われている「IT(Information Technology)」に代わる言葉として使われている。海外では、ITよりICTのほうが一般的である。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android