コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

表袴・上袴 うえのはかま

大辞林 第三版の解説

うえのはかま【表袴・上袴】

束帯のとき、大口の上につける袴。夏・冬を問わず表は白、裏は紅。三位以上または禁色を許された者は有文の絹織物、四位以下は平絹を用いる。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

表袴・上袴の関連キーワード絹織物大口束帯禁色平絹有文