コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

袖被り ソデカブリ

デジタル大辞泉の解説

そで‐かぶり【袖被り】

葬送に際して、女性が白衣でからだを包み、その左袖を頭からかぶって背にたらすこと。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

そでかぶり【袖被り】

死者を葬送するとき、婦人が着物の左袖をかぶること。白い袋や綿帽子をかぶることもある。つむりかけ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の袖被りの言及

【被り物】より

…信仰・儀礼面で今にのこる被り物の習俗としては,男子の御輿かつぎをはじめとする儀礼時の鉢巻や,伊豆の婦人たちが神仏に詣でるときの〈ひっしゅ〉という鉢巻姿。葬式のとき左袖をかぶる〈袖被り〉や,白の衣を頭からかぶる習俗,男子の忌中笠の着用や葬儀に参列する特定の親族が頭部に紙や布をいただく風など,神仏への礼装としての被り物の着用例を数えることができる。
【西洋】
 西洋では被り物は衣服の一部として扱われてきたといえる。…

※「袖被り」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

袖被りの関連キーワード綿帽子葬送死者婦人着物

今日のキーワード

スカジャン

神奈川県横須賀市発祥のジャンパー。おもに化繊の生地の、スタジアムジャンパー風のデザインのジャンパーの背中に、虎や龍、富士山など和風のモチーフの刺繍を施したもの。第2次世界大戦後、横須賀基地に駐留したア...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android