コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

裏松家 うらまつけ

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

裏松家
うらまつけ

藤原北家日野家流。室町時代前期,日野資康の子重光より裏松を称した。重光の女重子が,6代将軍足利義教の室となり,義勝,義政を産み,嘉吉1 (1441) 年義教が赤松氏に殺されてからは,幼い将軍の生母として権勢をふるうなど,裏松家は幕府に重きをなした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内の裏松家の言及

【足利義教】より

…廷臣に対しても意に反する者には処罰をもって臨み,1434年までに処罰された廷臣は60名に及んでいる。ことに宮廷内に勢力を強めた裏松家への弾圧は厳しく,室裏松重光女宗子を廃して,正親町(おおぎまち)三条公雅女尹子に代え,宗子の兄義資も処罰された。また寺社統制にも力を入れ,33年,幕府の意に従わなかった延暦寺衆徒を叡山に攻め殺した。…

※「裏松家」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

裏松家の関連キーワード日野勝光松岡明義日野重光清九郎

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android