裏無し(読み)ウラナシ

デジタル大辞泉の解説

うら‐なし【裏無し】

裏地をつけてない、単(ひとえ)の衣類。
草履はふつう2枚重ねで作るのに対し、1枚であるところから》裏をつけない草履。緒太(おぶと)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

うらなし【裏無し】

裏地をつけていない単衣ひとえの衣服。
(二枚重ねの、普通の草履に対して)裏をつけない一枚づくりの草履。緒太おぶと

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android