補助ロケット(読み)ほじょロケット

世界大百科事典 第2版の解説

ほじょロケット【補助ロケット】

ロケット飛翔(ひしよう)体において,主ロケットエンジン以外のロケットの総称である。ただしブースターはこれに含めないこともある。代表的な補助ロケットとその役割を以下に解説する。(1)制御用ロケット ロケットの姿勢制御力の発生,あるいは飛行速度の微調整を目的とするロケット。液体のモノプロペラントロケットを用いる例が多いが,バイプロペラントや固体ロケット,場合によっては常温ガスジェットも用いられる。(2)アレッジモーター 液体ロケットにおいて,エンジンを無重力状態から起動するとき,タンク内液面を正規状態に保持するため,微小な加速度を機軸方向に加えることを目的としたロケット。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android