秋葉(読み)あきつは

精選版 日本国語大辞典「秋葉」の解説

あき‐つ‐は【秋葉】

〘名〙 秋の木の。特に、秋の紅葉した木の葉。
万葉(8C後)一〇・二三〇四「秋(あきツは)ににほへるわれは着じ君に奉(まつ)らば夜も着るがね」
[語誌]挙例が「万葉集」中の唯一である。万葉仮名「都」は清濁両用であり、「あきづは(蜻蛉羽)」と解するもあるが、「匂へる」に続くことから、秋の葉(紅葉)のととるのが妥当であろう。

しゅう‐よう シウエフ【秋葉】

〘名〙 秋の木の葉。紅葉した木の葉。
※万葉(8C後)八・一五一六・題詞「山部王惜秋葉歌一首」 〔庾信‐賀平鄴都表〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「秋葉」の解説

あきば【秋葉】

《「あきはばら(秋葉原)」の略。読みは「あきは」ではなく「あきば」となる。「アキバ」と書くことが多い》コンピューター店・アニメ店・ゲーム店などに独自のファッションの若者が集まる土地である、東京の秋葉原をいう。「秋葉系」

あきは【秋葉】

新潟市の区名。旧新津市域・旧小須戸町域を占める。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

レベルE

冨樫義博による漫画作品。SFオカルト・ファンタジー。『週刊少年ジャンプ』にて1995年から1997年まで連載。ジャンプコミックス全3巻。2011年にはテレビアニメ化された。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android