製鉄所奉行(読み)せいてつじょぶぎょう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

製鉄所奉行
せいてつじょぶぎょう

幕末にフランス援助で創設された横須賀製鉄所などの製鉄施設を管理するために設けられた幕府職制。老中支配で慶応2 (1866) 年 12月設定。初代奉行は一色直温。同4年閏4月製鉄事業が新政府に引渡され,廃止された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

スロースリップ

地球の表面を構成するプレートの境界面において、プレートがゆっくりと滑って移動する現象。この移動が一気に起きるとプレート境界地震になる。プレートどうしが強く固着した、アスペリティーと呼ばれる領域以外で生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android