襟替え/襟換え(読み)エリガエ

大辞林 第三版の解説

えりがえ【襟替え】

〔襦袢ジバンの襟の色をかえる意〕
舞妓まいこ・半玉はんぎよく・お酌しやくが一人前の芸妓げいぎとなること。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の襟替え/襟換えの言及

【舞妓】より

…衣装は裾をひき,帯は〈だらり〉に結ぶ。じゅばんは赤襟で,一本の芸子になることを襟替えといい,その際,白襟にかわる。玉代は,他の雛妓が芸者の半額で,半玉(はんぎよく)と呼ばれるのに対し,芸子と同額である。…

※「襟替え/襟換え」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android