コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

襦袢 じゅばん

7件 の用語解説(襦袢の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

襦袢
じゅばん

じゅはん,じばんともいう。和服用肌着,下着,ときには合着。 16世紀後半南蛮文化の渡来で導入されたポルトガル語 gibãoの転訛語。本来,素肌に着る肌着をさしたが,シャツ類などの登場もあって下着や合着などをもさすようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ジバン【襦袢】

ジュバン

ジュバン【襦袢】

和服用の下着。ひとえの短い衣。肌着。ジバン。「肌襦袢」「長襦袢
[補説]「ジュバン」は「ジバン」の当て字「襦袢」の字音に引かれた発音という。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

襦袢【じゅばん】

和服の下着。ジバン(ポルトガル語)の転訛(てんか)で,16世紀ごろ南蛮人によりもたらされた。それまでの下着は白無垢(しろむく)の対丈(ついたけ)仕立であったが,これ以後,丈の短い襦袢が流行し,のち半襦袢,長襦袢の別を生じ,江戸時代には華美なものが作られた。
→関連項目下着

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ジバン【襦袢】

和装用の下着。肌襦袢・半襦袢・長襦袢など。ジュバン。 〔「襦袢」とも書く〕

ジュバン【襦袢】

〔「襦袢」とも書く〕
ジバン

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

襦袢
じゅばん

和服の下着で、肌襦袢、半襦袢、長襦袢の種類がある。襦袢の語源はポルトガル語のgiboから転じたものといわれている。肌襦袢は袖(そで)幅、衿(えり)幅が狭く、丈は腰丈ぐらいで短く、袖下に袖下あき、脇(わき)に身八つ口、馬乗りがあり、動作がしやすく、熱気の発散にも役だっている。布地は吸湿性、吸水性、保温性に富み、じょうぶで洗濯にも耐える晒(さらし)木綿を用いるが、近年はガーゼ地も多い。
 半襦袢は肌襦袢よりやや丈が長く、身頃(みごろ)は肌襦袢と同じにするが、衿幅は長襦袢と同寸で、半衿をかけて着用する。袖は広袖とし、夏用は絽(ろ)、合着用は羽二重(はぶたえ)、綸子(りんず)、縮緬(ちりめん)の単(ひとえ)仕立て。秋冬春用は袷(あわせ)仕立てで、無双袖、半無双袖、別裏袖のいずれかを用い、形、仕立て、布地ともに袷長襦袢と同じになる。合着、夏の普段着、街着などの女物長着の下の半襦袢は、普通、市販のレースの袖を用い、身頃は季節にあわせて晒木綿、晒天竺(さらしてんじく)、ネルなどの布地を用い、単仕立てとする。男子の半襦袢の袖は広袖で人形(にんぎょう)がある。半衿は夏には絽、秋冬春には羽二重、八丈、琥珀(こはく)織など、色はねずみ、茶、紺、黒など年齢や好みにあわせて用いる。
 長襦袢は長着のすぐ下に着用し、下に着ているものをすっきりと整える役目をもった対丈(ついたけ)の下着である。布地、柄、色は長着よりはでなもの、また高級なものが選ばれ、艶麗(えんれい)の美を演出する効果をもたせる。形態は関東仕立ては別衿、関西仕立ては上衿をつける。関西仕立ては元来つまみ衿仕立てにし、上衿をつけて着装したが、今日では体格がよくなったことと、着装上の変化に伴い、衿元の打合せの位置が高くなり、長襦袢の衿(半衿)の出し方が少なくなっていることなどから、別衿仕立てと同様にして上衿をつける仕立て方へと移行している。なお、季節による衣替えも近年は慣習にとらわれなくなってきたため、秋冬春に用いる袷の長襦袢の身頃は単仕立てにし、袖、裾を袷風に仕立てるようになった。半衿は着装の変化に伴い白を用いることが多い。
 男子の長襦袢は別衿仕立てとし、季節に応じて単仕立て、袷仕立てとされるが、近年は和服着用者の減少とウールのアンサンブル着用が増えていることなどから、多くは半襦袢を用い、長襦袢は着用の機会が少なくなり、礼装時または職業人にのみ用いられる傾向にある。
 古くは襦袢は肌着、汗取りに用いた。夏の単襦袢には、通風がよく肌にべとつかないなどの理由で胴に阿蘭陀(おらんだ)織という綟(もじ)り織(からみ織)の布、衿と袖には白晒麻が長く使用されてきた。汗取りには、白紙(和紙)を撚(よ)って亀甲(きっこう)形に編み、衿と袖口に白布をつけたもの、また四つ手といって、さいみ布(目の粗い麻布)を2枚背で交差させて四隅を胸元へ集め紐(ひも)を結んだものなども用いた。四つ手は布のかわりに和紙も用いて、もっぱら汗取り用とした。江戸時代後期には、男子の富裕な者は、冬は袷の浅黄羽二重や、緋(ひ)、桃色の縮緬を着たり、羽二重に黒ビロードの半衿をかけ、または白絖(しろぬめ)に墨書をしたものを用いた。夏は晒した白麻の半袖を着た。また紅染めに白絖の半衿をかけ伊達風(だてふう)を好んで用いた。
 襦袢は肌着で、男子は身丈の半分の丈のもの、女子は身丈の半分の丈のものと対丈のものとがあり、袷襦袢は胴着の形に似ているが綿(わた)は入れない。単襦袢は木綿の場合、京坂では型染めの小紋、中形(ちゅうがた)、または絞りを用いているが、江戸ではもっぱら絞りを用い型染めはまれであった。そのほか単襦袢の胴には木綿、太織紬(つむぎ)を用い、袖だけ縮緬、無地染め、絞り、小紋、更紗(さらさ)などを用いたものもある。下着の下衣は脚布(きゃくふ)といい、二幅(ふたの)の布で丈を長くし、紅、緋色の縮緬を用い、凝ったものは刺しゅう、鹿の子(かのこ)絞りなどをしたものも用いられた。蹴(け)り出して見えるというところから一般に蹴出しといい、上着の裾の汚損を防ぐということから裾よけともいう。対丈の長襦袢は元禄(げんろく)(1688~1704)ごろから現れたが、江戸後期においても女子は礼服、晴れ着のときに長襦袢を着用し、普段は半襦袢を着用していた。[藤本やす]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

襦袢の関連キーワードエスケープキー本居みの緬甸論弁青い打手打止める飛上る飛回る馴化

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

襦袢の関連情報