要援護者(読み)ヨウエンゴシャ

朝日新聞掲載「キーワード」の解説

要援護者

災害時の要援護者支援が議論されるようになったきっかけは2004年。相次いだ風水害の死者の多くがお年寄りで、情報共有の不足などが背景にあった。政府の検討会は05年3月、指針を策定。11年3月の東日本大震災を経て、支援計画整備の重要性が再認識された。市町村は要援護者の登録台帳を作成し、一人ひとりに応じた避難支援プランを作ることになっている。

(2013-10-29 朝日新聞 朝刊 徳島全県 1地方)

出典 朝日新聞掲載「キーワード」朝日新聞掲載「キーワード」について 情報

今日のキーワード

政党要件

公職選挙法などが規定する、政治団体が政党と認められるための条件。国会議員が5人以上所属するか、直近の総選挙、直近とその前の参院選挙のいずれかにおいて、全国で2パーセント以上の得票(選挙区か比例代表かい...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

要援護者の関連情報